目覚めが良くなる方法

とにかく朝が苦手で辛い」「目覚まし時計をセットしたのに二度寝してしまう」、今こんな方が増えているようです。目覚めが良くなる方法の基本は、生活リズムの改善が中心となりますが、現代のストレス社会においてそれだけでは改善できないこともたくさんあります。当サイトでは寝起きで苦しむ方々に質の良い睡眠の取り方をご紹介し、すっきりとした目覚めを手に入れる方法をいくつかご紹介したいと思います。

目覚めを良くするにはどうしたらいい?

熟睡よく低血圧の方に朝の弱い方が多いという昔からの定説がありますが、実はそんなことはない(医学的根拠がない)ようですね。じゃあ寝起きが悪い原因は何なのか?ということになりますが、現在は「自律神経の異常」という説が有力のようです。

自律神経というのは目が覚めているON状態と寝ている時のOFF状態を切り替える、言わばスイッチのような役目を果たしている神経回路で、この自立神経が不安定になることで体内リズムが崩れ体調を崩しやすくすると言われています。一般的に目覚めの悪い人、朝すっきり起きられない人はこの自立神経が破壊されていることによる睡眠障害が原因で、夜中の睡眠の質が悪くなり、その結果として「つらい朝」を迎えることになると考えられているようです。

ですから、目覚めを良くするためには睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠の質を向上させる方法を学ぶ必要があると考えられています。では、寝付きを良くし、質の高い睡眠を得るには、どんな方法があるのか簡単に説明します。

質の良い睡眠をとるには、寝る前の準備が大切で適温で入浴をしたり、ストレッチをしてリラックスすること、また眠れる環境づくりをすることがポイントとなります。特にお風呂上りの体温の変化を的確に捉え、眠気が出てきた時に寝てしまうというのが最も効果的な入眠法と言われています。私も経験がありますが、お風呂上がり2時間後くらいにくる最初の眠気のまま布団に入ると本当に翌朝の目覚めはかなりすっきりでした。また、アロマを利用したり、快眠ができるツボを刺激するのも、質の良い睡眠がとれて、目覚めが良くなる方法になりますね。なお、寝る前に興奮作用のある飲み物を飲まないことや、タバコや寝酒をしないことも大事です。

さらに、目覚めが良くなる方法としては、朝、日の光が入ってくるようにしておくことです。太陽の光があたることで、自然に無理なく目覚めることができるのです。このような目覚めのための環境づくりがポイントとなるでしょう。

▲ ページのトップへ

体内時計をリセットして目覚めを良くする

シャワー目覚めが良くなる方法として、快眠できることの重要性をお伝えしましたが、そのためにまずは、体内リズムを整えることが重要です。体内リズムは、朝、太陽の光を浴びることで一旦リセットされ、その後14〜16時間で眠りの準備に入り、自然と眠くなり、熟睡できて、自然と目覚めが良くなるというリズムがつくられていきます。一旦作った周期を崩すと元に戻すのが大変ですので、実は休日でもこのリズムを崩さないようにするのが平日の目覚めを良くするポイントだったりします。

また、朝、熱めのシャワーを浴びたり、朝食の30分後くらいに軽めの運動をするのも目覚めが良くなる方法です。シャワーは血行をよくしてくれますし、運動は体温が上がることで、脳や体を活動モードに切り替えることができるのでおすすめです。

▲ ページのトップへ

目覚めが良くなるためには室内環境も重要!

薄目のカーテン目覚めを良くするには、快適な室内環境で快適な眠りを手に入れることが大切です。部屋の温度は、夏は26℃前後、冬は18℃前後、夏は除湿、冬は加湿をするのが良いと言われています。また夜寝るときは暗く、朝起きるときは明るくなるように室内を整えることが、目覚めを良くする方法なので、眠るときは暖色系の間接照明でほの暗く、朝は、太陽の光が入ってくるように薄目のカーテンなどにしておくとスムーズに起床できます。(ちなみに我が家は白い朝地の薄手のカーテンなので子供たちも起こされずに自分ですっきり起きます。目覚めも良いです。

また、寝具選びも重要で、一般的には敷き布団やベッドのマットはやわらかすぎず、かたすぎないもの、通気性の良いものが良いと言われます。なぜなら腰に負担がかからず、寝返りしやすくすることで眠りの妨げにならない環境が得られるからです。それでもどうしても眠れない場合は、眠りをいざなうアロマやお香をたいたり、音楽などをかけてみるのも目覚めには効果的のようです。

▲ ページのトップへ

寝起きの悪さが深刻な場合は・・・

薄目のカーテン寝起きが悪すぎて学校や会社に遅刻してしまう」「目覚まししているけど2度寝どころか3度寝以上が度々ある」というような方はかなり真剣に対策しなければいずれ重大な問題に発展しかねませんね。だからと言って特効薬があるわけではないので、その場しのぎの対策をするのではなく、生活リズムの改善など基本的なことから忠実に実践するようことをおすすめします。

ですが、もし生活リズムの改善に自信がないようでしたら、睡眠の質を高めると言われるサプリメントがおすすめかもしれません。サプリは食品ですから副作用は心配いりませんし、何より睡眠にとって重要とされる成分をピンポイントで摂ることができるのでかなり即効性があります。まあサプリといってもいろいろあるので選ぶののも大変ですが、睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」の分泌を促進するものがベストです。

売れ筋は「ネムーン・プラス」か「スヤナイトα」というタブレット(錠剤)サプリのどちらかです。どちらもメラトニンの分泌を意識したサプリで、成分的にもほとんど変わりませんが、強いて違いを言うなら「ネムーン・プラス」はグリシン・トリプトファンのほかにリラックス効果を高めるGABAという成分や注目のアンチエイジング成分「レスベラトロール」が含まれていて主に女性を対象に作られており、「スヤナイトα」にはグリシン・トリプトファンのほかに眠り草と言われるバレリアンエキスというハーブを加えるなど、「眠ること」「眠りの質」にこだわったという点が特徴として挙げられます。まあでもほぼ同じ成分ですので、あとは好みで選んで良いかと思います。

いずれにしても目覚めを良くするには、正しい体内リズムをいかに持続させるかというのがポイントですので、食事面や生活面といった基本となる部分をもっとも大切にしながら、サポート的にこのようなサプリを活用するというのが賢いやり方のひとつのように感じます。

ネムーン・プラスの詳細はこちらでご確認ください 【公式ホームページ】
スヤナイトαの詳細はこちらでご確認ください 【公式ホームページ】

HOME | 目覚めが良くなる方法 | 目覚めが悪いのは何が原因? | 目覚めが良くなるサプリメント | 目覚めを良くする方法 | 朝すっきり目覚める方法 | 寝起きを良くする方法 | 熟睡する方法 | 眠りの質を高める方法 | 熟睡できるツボ | 熟睡できるコツとは | ラクトフェリン 効能 |

ページのトップへ | リンク集 | プライバシーポリシー | リンクについて | サイトマップ | お問い合わせ |

Copyright (C) 目覚めが良くなる方法 All Rights Reserved.